母乳が出ない 母乳がよく出るお茶

MENU

母乳育児サポート!健康茶ランキング

たんぽぽ茶ブレンドの特徴

たんぽぴ茶ブレンドは、たまごクラブ・ひよこクラブでも紹介された母乳育児を応援するサポート健康茶です。たんぽぽ根・黒豆・醗酵ギンムネなど豊富な栄養を持つ成分を配合し母乳の出を良くするために働きます。どれも高い安全性と品質が認められた素材を使用しています。

価格 730円
評価 評価5
備考 ノンカフェイン・お試しアリ
たんぽぽ茶ブレンドの総評

助産師もおすすめするたんぽぽ茶。水だしOK、飲みやすいため毎日のお茶と変えても問題ありません。まずはお試し10日間分からどうぞ!

 

ミルクアップブレンドの特徴

ミルクアップブレンドは、数々のベビー雑誌、テレビ番組等で紹介され人気の健康茶です。母乳不足を解消するためにフェンネル・レモングラス・フェヌグリークなど8種類のハーブ成分を配合しています。母乳マッサージにかかる費用と比べても断然こちらがお安くなります。

価格 1995円
評価 評価4
備考 ノンカフェイン・定期がお得
ミルクアップブレンドの総評

完母を応援するだけでなく、産後の体重・うつなどの気になる悩みにもアプローチします。

 

ミルクスルーブレンドの特徴

ミルクスルーブレンドは、母乳相談内容の多くを占める詰まりを解消する健康茶です。詰まりのことを乳腺炎ともいいますが、その原因は食生活・冷え・こりなどがあります。そんな乳腺炎対策に効果的なハーブ成分を配合したのがミルクスルーブレンドです。

価格 1995円
評価 評価4
備考 ノンカフェイン・詰まり解消
ミルクスルーブレンドの総評

安全性・品質の認められた素材を使い製造されているため、安心してお飲み頂けます。母乳トラブルに悩んだ多くのママさんがミルクスルーブレンドを愛飲しています!

 

母乳が出ないのは赤ちゃんの吸いつきも関係する?

 

授乳中のママのなかには、母乳が出ないことが悩みだという人が多いですが、原因は人により異なる場合があり、複数の原因が重なって起こっている人もいます。

 

さまざまな原因がありますが、赤ちゃんの吸い付き方が悪いことによって母乳の出が悪くなっている疑いがあります。

 

どんな吸い付き方をしていると出が悪くなるのか、また適切な吸い付き方はどんなものなのか、解説します。

 

赤ちゃんの吸い付きにより母乳が出ない理由

 

母乳は出産後に勝手に分泌されるようになるものではなく、ママの乳首を赤ちゃんが吸い、これにより乳首に何度も刺激が加わって出るようになるものなのです。

 

しかしながら、赤ちゃんが上手に吸い付いてくれなければ、刺激が乳首に正しく伝わらず、母乳が出にくい状態に陥ってしまいます。

 

適切な吸い付き方

 

まず赤ちゃんの唇に注目してみてください。吸い付いている際、唇が外側にめくれている状態になっていなければ、適切な吸い付き方ができていません。

 

また、赤ちゃんの口のなかに、乳首だけでなく乳輪も含まれているでしょうか。しっかりとくわえこんでいなければ吸い付き方が甘くなってしまうので、乳輪までくわえさせてあげましょう。

 

そのほか、斜めから吸い付いているのもよくありませんので、乳首を正面からくわえられるようにする必要があります。

 

赤ちゃんの吸い付き方が正しくないと母乳の出はよくなりませんので、適切な吸い付き方を確認し、できていなければできるように促してあげることが大切です。

 

授乳後に乳首の形が変わっていたり、つぶれているようなことがなく、丸い状態になっていれば、適切な吸い付き方ができていることの証です。

 

母乳が出ない原因はなに?

 

出産という一仕事を終えて、やっとホッとできるかと思ったら、今度は母乳の出が気になると悩み始める女性が増えています。

 

はじめから母乳が出にくかったり、途中で母乳が出にくくなるなど、人によっても状況は様々です。実は、母乳が出なくなる原因は、かなりたくさんあります。

 

例えば、血行が悪くなることも原因の一つ。母乳は血液を原料としているため、血行が悪くなると分泌されにくくなるのです。血行不良にも様々な原因があり、対処法は一つとは限りません。ストレスも、母乳の出を悪くする原因となり得ます。

 

ただでさえ育児は大変なのに、他にもストレスを感じることがあるかもしれません。ストレスを取り除くと、母乳がスムーズに出ることもあります。ストレスにも関係しますが、睡眠不足からくる疲れもまた、母乳に影響を与えるといいます。

 

栄養バランスの偏りや水分不足も、母乳の出に関係してきます。血行にも関係していますが、冷えや貧血などでも母乳の出が悪くなることもあるでしょう。他には、乳管が詰まっているという可能性が考えられます。吸うのに慣れていない赤ちゃんもいますが、いっぱい吸ってもらうようにすれば、乳管の詰まりが取れてくることもあります。

 

母乳の出を良くするおっぱいマッサージのやり方

 

母乳の出が悪くなる原因に血行不良があるように、おっぱいのマッサージが母乳の出をよくしてくれることもあります。おっぱいマッサージは、血液循環を促すためにも入浴しながら行うと効果的です。

 

入浴が難しければ、おっぱいを蒸しタオルなどで温めるのもよいでしょう。マッサージの方法は、まず右手で指を大きく広げておっぱいを持ってください。

 

次に、左手の親指の下の部分をおっぱいの上部にあてながら、右方向へと押します。4〜5回繰り返したら、右手の小指の下の部分をおっぱいの外側の斜め下にあててください。

 

そして、左手上に右手をあて、右の肩方向に押します。これも4〜5回繰り返したら、右手の小指側をおっぱいの下にあててください。左手は右手の下に添えて、おっぱいを上に持ち上げます。4〜5回繰り返したら、マッサージ終了です。

 

母乳が良く出る飲み物は?

 

母乳がなかなか出ないと悩んでいる人に、人気の飲み物もあります。例えば、ノンカフェインのたんぽぽ茶は、母乳の出によいといわれています。たんぽぽ茶には鉄分やミネラルが豊富に含まれているといいますが、母乳の出に影響するのは血行改善に役立つからかもしれません。

 

たんぽぽ茶は、疲労やストレスの緩和にもよいといいます。母乳の出が悪くなる原因にはストレスが関係していることもあるため、こちらも期待できそうです。ハーブティーにも、母乳の出がよくなるといわれる種類があります。ラズベリーリーフやネトル、ジンジャー、フェンネルなどは代表的な存在です。

 

たんぽぽ茶もハーブティーの一種ですが、飲みやすさでいうとジンジャーが一番でしょうか。血液の循環をよくしてくれるのが、母乳によい理由です。母乳の詰まりが気になる場合には、フェンネルがよいといわれています。

 

血液量を増やして浄化するといわれているのが、ネトル。ラズベリーリーフは産後の体力回復にもよいとされていますが、子宮収縮作用もあるため、妊娠初期から中期には控えたほうがよいでしょう。サプリメントでは、葉酸や鉄分などがおすすめです。

 

葉酸は妊娠前から飲むことが推奨されていますが、授乳中にも赤ちゃんの健康のために飲んでおくとよいといわれます。鉄分は血液のもとになる成分ですから、いわば母乳のもとになるともいえます。母乳は血液からできているため、鉄分不足は深刻な母乳不足につながる可能性があります。食事からは思うように取れない場合も多いため、サプリメントで補給するとよいでしょう。

更新履歴